CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ポップダンス
今日は出演してくださる方に協力していただいて会場のサウンドシステムの確認。多少思い違いが発覚したので再度確認が必要だ。
事務の人にいろいろ聞く訳ですが、改めて自分の英語の力の無さを実感しました・・・が、今の自分の実力が分かっただけでも幸運です。


何かと経験のためにいろいろイベントに顔を覗かせるのですが、今日はダンスパーテイーに参加。ポップダンスバトルを目の当たりにしてそのかっこよさに感動しました。企画者の大変そうな姿も横目に見つつ早上がりで帰宅。やっぱりこういうイベントごとに参加するのはおもしろいしやる気が出てくる。おもしろそうなイベントはボストンだけでもいろいろ発見できるのでこれからもばんばん参加していきたい。
| - | 14:48 | comments(4) | trackbacks(0) |
24歳の社長さん
自分がまじですごいと思える人、倉林さんとは留学直前に東京でたった3日間だけお世話になったんですが、今でもかなりその人の影響を受けています。倉林さんが作った会社がついに4月から株式会社化するそうです。
自分と3つしか年が変わらない人なのに、めちゃめちゃすごい。
モチベーション上がります。負けてられない、人生恐れてなんかいられない。
| - | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
本気大声で応援してます。
今日は借用物品の要請。リストアップして渡した。
やっぱりオーデイオシステムのことでは分からないことが多いので繰り返しでも聞いてみる必要がある。
ライトアップに関しては特に複雑なことはせずステージを照らし続けるようにする予定。
フライヤー、パンフの作成も考える。と同時にもちろん寄付物の回収も進める。



もうすぐ4月に入る。
こっちの大学はそもそも学期開始、終了の時期が日本と全く違うので新年度という感じではないが、日本では今頃は新1回生も大学デビューの準備をしたり、クラブ・サークルも新入生勧誘のために準備したりしてるのだろう。

自分が去年所属してた友好祭実行委員会は6月に本祭典があるので、今までの下積みが具体的な形となって現れてくる段階で、新しい委員も加わり、ラストスパートへとかなりテンション上がってくる頃になる。去年自分は3回生で最上回生だったので、細分化された役職に就いて実際に運営していく2回生と新1回生をリードしていく立場だった。

リーダーシップや部構成に必要な力や考え方を具体的に挙げろと言われてもその頃はいっぱいいっぱいで答えられなかっただろうが、「自分もやってておもろいし、下の子らにおもろいと思ってもらえることができれば最高や」とはずっと考えていた。結局それがどれだけ達成できたのか分からないが、「KS(会場組織部)最高!」とか「KSにおれてめっちゃおもしろかったです!」という言葉を下の子らからもらえただけで、少しでも自分が貢献できたんやなと思えることができた。


こういう『楽しみ』を享受し合えることが自分に取ってめちゃめちゃおもしろいと感じることなのかなと改めて思う。誰かのためを思って行動し結果を得られる事で、自分もおもろいと思える、それがまた次への動機になる。このボランテイアのプランも結果的にそのことに繋がっている。
『信念』がどうとか今まで言ってきたが、結局何なのかよくわからなかった。が、これがもしかしたら自分の『信念』、もしくはその手がかりになるものなのかもしれない。


自分が引退した今でも、後輩には楽しんでもらいたいという気持ちは変わってない、というより大きくなってるくらい。さっき言った楽しみの享受、ではないけど、下の子らから「友祭やってよかったー!」とか聞けたらほんま嬉しいと思う。本祭典まであとほんの少しらしいので、物理的にはとどかんけどもここアメリカからでも本気大声で応援してます。
| - | 16:08 | comments(1) | trackbacks(0) |
未来予想図
ブログしばらく休んでました。申し訳ないです。
ボストンでとてもお世話になっている方々から少し前にお預かりした寄付物を改めて数えてみました。
【本】47冊     【ノート】2冊
【鉛筆】102本   【色鉛筆】15本
【消しゴム】20個  【ものさし】5個
【ボールペン】45本 【カラーペン】15本
【クレヨン】45本  【シャーペン】2本 
【はさみ】1個

ほんとにありがとうございます。
コンサートは6組の方に演奏していただくことが決まりました。機材等の詳細をこれからしっかりつめていきたい。送り先のナミビアの住所を学校に定めてもう一度確認する必要がある。


最近なぜ休学してでも留学しているのか、なぜ大学に通っているのかという目標を見失いがちやったけど、3年後、5年後、10年後とこれからの《未来予想図》を書いていくことで”今”すべきことが少しでも定めれた。やっぱり自分の力を高めるのが今一番必要なことなのだと思う。そこからさらにどのように高めていくのかは無数の方法があって、大げさでもなくそこには無限の可能性がある。目標まで現地点からどれだけの距離感があってどれくらい時間を要するのかは今の段階では予想はできても確定することはできない。が、1ヶ月、1週間、3日先と細かくでも『目標を達成するための目標』を定めていけば少しでも進みやすくなる。うん、そうしよう。
| - | 13:26 | comments(8) | trackbacks(0) |
メッセージ
今日語学学校に寄付物を回収しに行った。
英英辞書1冊、テキストブック2冊、カラーペン4本、ボールペン7本(新品)、ステイックのり2本、はさみ1つ、色鉛筆1箱、シャープペンシル2ケース、さし1本、筆箱1つを寄付していただいていた。その中の一つのテキストブックの最初に書かれていたメッセージに心打たれた。


Study hard.
Enjoy English.
Be ambitious.

I'm studying English like you.
Speaking other language is difficult.
But I have a dream.

"Someday, somewhere, we meet,
and someday, somewhere, we talk in English."

It's not impossible dream.
Because English can make us be friends.

So study hard, enjoy English, and be ambitious each other.


(勝手ながら引用させていただきました。)
寄付していただいたものを子ども達に必ず届けたいと思った。

これらの本や文房具を受け取った子ども達は、前の持ち主の顔も名前も何も知らないだろう。でも、それらの物を通じて、たとえ相手のことが見えなくても人と人とが繋がって助け合っていけることはかなりすごいことだと思う。

自分もこの人と同じ夢がある。送り届けた本や文房具を使って勉強する子ども達に、いつか、どこかで、会ってみたい。
| - | 17:40 | comments(3) | trackbacks(0) |
【日時・場所】決定!!
本格的に日程と場所が決定しました。大学からやっと返事が届きました。

【場所】 Bunker Hill Community College Auditorium
【日時】 4月29日(土) 17:00〜18:30

まだまだミュージシャン・グループを募集しているとこです。正直2ヶ月切ってるんだけども、できるだけのことはやります。子ども達に本と文房具を届けるために。
mixiやグリーなどインターネットを使ってどんどん募集を呼びかけたい。また直接話を持ちかけにも出かけよう。常に勝負しているが、今がさらにその勝負時。


おそらくあさってくらいにかなり熱い先輩がミシガン州から尋ねに来てくださります。個人的にいろんなことを吸収したい。おそらく自分の未熟さにたたかれ、凹まされると思うが、(その後の自分の行動の変化にもよるけど)結果的に鍛えられるでしょう。楽しみにしてます。
| - | 15:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
すごい人達
ここ最近こちらで名門といわれる大学に通っている人や、社会人の方に会いまくってるが、やはりみんなすごい。
各個人で違いはあるものの、自己表現力、理解力、学習持続力、人望の厚さ、将来像を明確に抱いていること、という点ですごいと感じる。当然自分が気付いていないだけで、もっと多くのすごい能力をそれらの方々は持っているはず。

特にほぼ同年代の人で大きな団体のトップに立ってメンバーを動かしているなんて聞くと、負けていられないと思う。

忘れてならないのは、なぜそんな活動をするのかという信念。
| - | 19:19 | comments(7) | trackbacks(0) |
ミュージシャンの募集
ピアニストと弾き語り人、そしてアフリカンダンスグループのコンサート出演が仮決定した。
ちと幅広いと思うが、それもおもしろい。
ただ、場所提供先からの返事がまだ確実にもらえてないので、それだけは今週中に確定したい。

コンサートの詳細、中身をもっともっと細かく練っていこう。
特にパフォーマンスをする側、観客の視点になって考えることが大事だ。
こうして企画を練っていくことで、学祭委員とやってた経験が少しでも役に立っているのかなと感じる。
| - | 15:55 | comments(4) | trackbacks(0) |
経験値=信頼感
ピアニスト、ゴスペルグループのメンバー、ワールドミュージックシンガー、アフリカダンスの先生にイベントのプランをメールで送った。みんなが友達から紹介してもらった人だ。良い返事が帰ってくれば嬉しい。

いきなりどこかのグループに計画書を持って行ってお願いするのも手かもしれないが、友達の紹介がある方が信頼感において断然差があるだろう。特にお金が絡んでくるのならならなおさらだ。
信頼を確立させる要素の中で、やっぱり”経験値”が一番大きな影響を与えるのだと思う。
それは日常の生活を見ても、十分に当てはまる。
| - | 17:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
終わりなき旅
おとといの土曜日ですがニューヨークで展覧会を主催されたアーテイストの方とお会いしました。
最初は他の人からは、海外しかもニューヨークで展覧会なんて不可能だと思われていたそうですが、見事に成功されてました。

他人が想像する以上の困難を乗り越えたその人の話は、自分にとってすごく刺激になった。

ミスチルの『終わりなき旅』の歌詞の中で「高ければ高い壁の方が登ったとき気持ちいいもんな・・・」という一節を思い出した。ほんとにその通りだと思う。まずは壁から逃げずに立ち向かうこと。これが一番難しいのかもしれないが乗り越えてみたい。

いい感じのコンサートルームはやはり人気らしく4、5月は全てスケジュールが埋まっていた。別の場所を見つけんと。
| - | 14:53 | comments(1) | trackbacks(0) |
            
<< | 2/4PAGES | >>